スポンサーリンク

【おいしい 焼いも】この時期、あの焼いもが最高だよね!!

2018年2月26日

【おいしい 焼いも】この時期、あの焼いもが最高だよね!!

 

最寄りのスーパーにこの冬あの焼いもが置かれるようになったので買ってきました。スーパーの入り口近くに置かれているあれです。ちょっと前に話題になりましたが、やっぱりおいしいですね。 ねっとりとしていて、焼いもを割ると繊維にそってほぐれるように割れてもたくさん含まれていてとてもスイート。 そして、ずるいのが最寄りのスーパーは、自動ドアが開くと香ばしいにおいが一目さんに飛び込んでくるで買わずにはいられない。 もう、スーパーに戦略にまんまとハマってしまうんですよね。

ちょっと焼いもの大きさは小さめですが量的にはちょうどよく値段は、均一96円でした。スーパー毎に値段は違うと思いますがこれは安いのではないでしょうか。

買ってきた焼いもの全体像焼いも全体

このスーパーで買ってきた焼いもと比べると、家で作る焼いも(蒸しいも?)は、ぱさぱさ感がすごく、甘さもそこそこでそんなにおいしくない。やはり、焼かないと無理なのかな。やはり、あのおいしさを簡単に再現することはできないのですかね。 まあ、家で再現できたとして手間がかかってスーパーで買ったほうが安いんでしょうね。

焼いもを割っちゃいました焼いも割った画像01

この感じがたまんないんだよね~くぅ~焼いも割った画像02

めっちゃ甘いんだよね~焼いも割った画像03

自分が作った焼いもの品種とスーパーで売っていた焼いもの品種を簡単に調べてみた

 

ネットで調べた結果、大まかに下記4種類くらいらしいです。

 

No.1 紅あずま

 

現在、最も多く出回っているさつまいも品種らしいです。皮は鮮やかな紫でホクホクした食感と少しねっとり感ありということです。 関東中心に出回っている品種で、食感と流通エリアから自分が家で作ったときのさつまいも品種は紅あずまではないかと思います。 間違いない。

 

No.2 安納いも

 

種子島の名産で、とても甘くねっとりとしているらしいです。生の状態でも糖度は高いが焼くことによりさらに糖度が高くなるそうです。 今回スーパーで買った焼いもが安納いもかと言われると違う気がします。理由は、安納いもの値段が高そうな気がしたので。ただそれだけです。

 

No.3 紅はるか

 

この品種は、外見が優れていて、蒸しいもにした時の糖度が高く、とても美味しいさつまいもらしいです。 2010年ごろに登録された品種で新しい品種です。この紅はるかも、スーパーで買った焼いもとは違うようなきがします。 蒸した時の糖度が高いとのことなので違うのではないかなと思いました。

 

No.4 クイックスイート

 

外見はベニアズマなどとほとんど変わりはないそうです。 皮色は赤を貴重に少し紫が入った感じで、実の色は黄白色で、切ると栗のような生地をしており、外輪に白い乳液が染み出してくるみたいです。 値段を載せていたサイトがあったのですが、このクイックスイートが一番安かったのでスーパーで買った焼いもの品種はこのクイックスイート ではないかと推測しました。うん、値段だけです。

スーバーで買ってきた焼いもの品種は、クイックスイートなのかな~焼いも割った画像04

結局おいしければ、どの品種でも関係ない。でも、スーパーも品種くらい記入してくれればいいのになあ。お願いします。やっぱり品種が気になります。 自分で作るときも同じ品種で試してみたいしね。 今度ねっとり系のさつまいも品種を買ってきて自分で試してみるつもりです。もし、おいしく出来れば、記事にでもしてみようと思います。 市販品みたいな味、食感が出せるといいなあ。

焼いもが梱包されていた袋も撮っておきました~w焼いも梱包袋表

焼いも梱包裏