スポンサーリンク

WordPress5.7 更新 ブロックエディター Gutenberg(グーテンベルグ)不具合 😢

2021年4月2日

久しぶりにブログ更新しようと思ったら

1年弱ぶりにブログを更新しようとWordPressにログイン。案の定、WordPress5.7、各種プラグインの更新情報。更新するか一様悩んでみたが、まあ大丈夫だろうとすべて更新した。更新すべてOK。そして、投稿しようと新規投稿をクリックしたら、まあ大変、真っ白な画面が表示されるだけ。まさかと思い既存投稿を開いてみても同じ状況。やっちまった。

いろいろ試して復旧を試みる

  • プラグインの無効化
  • PHPのバージョンを8に変更
  • テーマを最新に更新
  • 各種設定の見直し

上記項目を試してみたが残念ながら変わりなし。WordPress5.7を前バージョンに戻すとかも一瞬考えたがハードルが高いので却下。そんな知識もないし、もしもの時を考えたらと。

望みは薄いが

クライアント側の環境

  • OS Windows10最新64ビット
  • ブラウザー Chrome最新64ビット

たぶんダメだろうと思ったがやらないよりはいいと思い、ブラウザーをMicrosoft Edgeに変更してみることに。ななんと、普通に表示されました~。バンザイ、\(^o^)/。でも、サーバー側の問題ではなく、ブラウザーとは思わなかった。ChromeとEdgeは、今はほぼ双子の様なアプリなんだけど。ブラウザー側の設定で怪しいと思った箇所として、設定→サイトの設定→ポップアップとリダイレクトを許可(自ブログのサイト)の設定がChrome側ではブロックとなっていた。でも、変更しても変わらなったけど。違うブラウザで試すならクリーンなものでためしたほうがいいかもしれない。あと、プラグイン(Classic Editor)で旧エディターも選択して使用できるものをインストールした。旧エディターならChromeでも投稿を編集することも可能でした。

謎はさらに深く

半日かけて、Edgeは新旧エディター使用可、Chromeは旧エディターのみ使用可。というところまでで、力尽きた。その後(パソコンの電源は落としている)、この投稿を書こうとブロックエディター(新エディター)の不具合スクリーンショットを取ろうとしたところ、これまたビックリ。普通にChromeでも正常にブロックエディターで編集ができました。なんでだろ~、うん、わからん。解ったことは、俺には解らんということでした。

以上。