スポンサーリンク

Lightworksで動画編集の基本編集 その4.3

シーケンス作成 方法その3

 

クリップからシーケンスを作成する

 

未編集(オリジナル元動画)クリップからシーケンスを作成する

未編集状態クリップをシーケンスにドラッグアンドドロップする

オリジナルクリップ

未編集状態クリップ挿入後、シーケンス

タイムライン

CM-01シーンを削除するため、インジケーターをCM-01開始位置(赤色枠内)に移動する

タイムライン開始マーク

「マーキング開始」ボタン(赤色枠内)を押下し、開始マークをマーキングする

メディアビューワー

CM-01シーンを削除するため、インジケーターをCM-01終了位置(赤色枠内)に移動する。微調整は、キーボードの「左矢印キー」「右矢印キー」で行う。

タイムライン終了位置

「マーキング終了」ボタン(赤色枠内)を押下し、終了マークをマーキングする

メディアビューワー

「Remove」ボタン(赤色枠内)を押下し、マーキングしたクリップを取り除く

メディアビューワー

「Remove」ボタンで処理を実行するとGap部分(赤色枠内)はそのまま残る。Gap部分を詰めるには、クリップをドラッグして詰めることができます。Gap部分を詰める時の注意点としてオプションの「Auto Track Sync」をチェックしていないと音声トラックが同期せずずれてしまうので注意してください。

タイムライン

クリップ削除と同時にGap部分を削除するには「Delete」ボタン(赤色枠内)を押下する

メディアビューワー

削除後、Gap部分は削除されクリップは詰まる

タイムライン

他のCMシーンを上記で説明した方法と同様に削除したシーケンス

タイムライン全体編集後

編集規模が小さい場合、この方法が簡単で楽だと思います

Posted by シバラク