スポンサーリンク

Lightworksで動画編集の基本編集 その3

2018年2月20日

シーケンス作成 方法その1

 

サブクリップからストーリーボード(Bins)を作成する

 

「Bins+」ボタン(赤色枠内)を押下する。入力欄が表示されるので今回は「ストーリーボード」と入力する。

ストーリーボード作成

「Filters」⇒「Subclips」からオープニング・ストーリー前編・後編・エンディングクリップ(赤色枠内)選択(Ctrl+右クリック)する

クリップ選択

選択したサブクリップ(赤色枠内)ストーリーボード(Bins)(赤色枠内)にドラッグアンドドロップする

サブクリップ⇒ストーリーボード(Bins)

 

ストーリーボード(Bins)内サブクリップの並び替えをする

 

サブクリップを並び替える前にクリップの自動位置調整をするオプションを設定する。これを設定してないと不便なので設定することをおすすめします。サブクリップが表示されているエリアで、右クリック⇒「Automatic positioning」チェックボックス(赤色枠内)にチェックする。

自動並び替え位置補助

サブクリップの並び順を設定できます。サブクリップが表示されているエリアが1列の場合、上から下に時系列で並んでいます。2列以上の場合、下記画像のように左⇒右⇒下の繰り返しで並んでいます。

ストーリーボード(Bins)順番

実際に並び替えしてみます。実は、ストーリーボード(Bins)からサブクリップを挿入した時点で並び替えをする必要がありませんでした。なので、説明のため並び替えをしてみます。下記画面は「ストーリー前編」と「ストーリー後編」を並び替えてみました。

クリップ並び替え

元のサブクリップ並び順に戻す。

サブクリップ作成前並び順

 

シーケンスを作成する

 

サブクリップが表示されているエリアで、右クリック⇒「Make」⇒「Sequence from selection」(赤色枠内)を選択する

ストーリーボード(Bins)⇒シーケンス作成

シーケンス作成完了。シーケンス(赤色枠内)ダブルクリックして作成されたシーケンスを表示してみましょう。

シーケンス作成後

シーケンスが表示されました。シーケンスの内容は、「オープニング」「ストーリー前編」「ストーリ後編」「エンディング」順番で並んでいます。次は違う方法でシーケンスを作成する方法を説明します。

シーケンス表示

Posted by シバラク